読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ER Linker のリリース

はじめに

ER Linker(E-Resources Linker) をリリースしました。

chrome.google.com


CiNii ArticlesやCiNii Books、NDL Search(NDL OPACは現在未対応)、J-Globalや各種OPACの書誌情報のページなどのあらゆるページでオープンなナレッジベースを利用したリンクを生成する拡張機能です。具体的にはオープンなナレッジベース(現在はERDB-JPに対応)に登録された情報源を利用してリンクを自動で作成し表示します。Google Chrome Extensionです。

f:id:haseharu:20150712154645p:plain

f:id:haseharu:20150712154655p:plain

f:id:haseharu:20150712154713p:plain

f:id:haseharu:20150712154726p:plain

動きの流れと仕組み

ERDB-JP(Electronic Resources Database-JAPAN)は国立情報学研究所が運用しているオープンアクセス誌を共有するための仕組みです。ERDBに登録されたデータはCC0 1.0 Universalとして公開されていて一括ダウンロード可能です。オープンなナレッジベースを活用するためのツールとしてER Linkerを作成しました*1

ERDB │ ニュース

ERDB-JPとは | ERDB-JP

具体的な動き

ページ内で「ISSNらしき文字列」をサーチし、「ISSNらしき文字列」にてERDBのリストへ検索・マッチングすることであらゆるページ上で動作するように作りました*2。あまり特殊な書き方をしていなければ、ISSNが表示されているページであれば、動作すると思います*3

最後に

ぜひ、ERDB-JPについてはWeb APIを公開していただきたいです。今回の実装において、ERDBのデータをいかに持つか、が一番の課題でした*4

*1:以前作成したどこでもリゾルバの流れを汲んでいるので、どこでもリゾルバ for ERDBとも言えます。

*2:公開直前にhttpsでの動作にはまだ未対応,ということに気がつきました。というわけでNDL OPACではまだ動作していません。

*3:動作しないページがあれば教えていただけると幸いです。

*4:Google拡張機能JavaScriptで動作しています。拡張機能内でデータを持ち、JavaScriptでERDBのリストと「ISSNらしき文字列」とのマッチングをかけてリスト生成するには少し状況が悪い場合があるのと、JSONを吐き出すAPIがあればなんの問題もないため、とりあえずAPIを立てて対応しています。もし公式のWeb APIなどを公開していただければ拡張機能以外の、また別の展開も考えられると思います。